Tour Information

  • 仁寺洞(インサドン)
  • ここは仁寺洞(インサドン)メインストリートを中心に両端に脇道が迷路のように複雑に入り組んでいる仁寺洞。ここは現代的な雰囲気と昔ながらの伝統が調和した都会の中の空間で、画廊や伝統工芸店、伝統飲食店、カフェなどが密集しています。特に画廊は100軒あまりが密集しており、韓国画から版画、彫刻展まで多彩な展示会を鑑賞することができます。民衆美術の中心的役割を果たしてきた「学古斎」や、才能ある芸術家たちの拠点であった「カナ画廊」「カナアートセンター」がその代表的なものである他、この仁寺洞から出る「美術館循環バス」を利用すれば有名なギャラリー10箇所を効率的に回ることができます。
    ギャラリーだけでなくレストランや伝統喫茶、また毎週日曜日には10時から22時まで歩行者天国となり、伝統芸能の公演や飴や揚げ菓子を売る露天も並びさらに活気を増し、外国人観光客も数多く訪れます。

    -->出典:韓国観光公社ウェブサイト
  • 弘大周辺
  • 若さとロマン、芸術とアンダーグラウンド文化、個性あふれる自由の通りに代弁される弘大(ホンデ)前。
    異色カフェや小さなギャラリーや画廊、小物店やファッションショップ、ライブカフェやクラブ、芸術市場、各種グルメ店などが弘大の通りを一層自由な雰囲気に作り上げています。
    弘大にはB-boy専用劇場もあり、毎週週末の午後1時から6時まで、創作アーティストたちの独特な小物や作品に出会えるフリーマーケット、「希望市場」が開かれます。このように多様なイベントやストリート公演、祭りなどが行われる弘大周辺はいつも多くの人々でにぎわっています。
    また、弘大周辺にある美術学院通りやピカソ通り、クラブ通りなどの異色通りが弘大通りを一層楽しませてくれます。

    -->出典:韓国観光公社ウェブサイト
  • 光化門(クァンファムン)
  • 光化門(クァンファムン)は1395年に創建された景福宮の正門で、東西南北の四つの門のうち南側になります。光化門という名は「光で外の四方を照らし、教化が万方に及ぶ」という意味です。光化門は花崗岩を使用し、中央には往来できる虹形の虹霓門があります。その上には重層の門楼が建っています。
    光化門は韓国の辛い歴史を含んだところでもあります。日帝強占期に日本の総督府が光化門を壊し、総督府庁舎を建てました。現在の姿は1968年、木材の代わりにコンクリートで作ったもので、元の位置より10メートル余り後ろに建てられました。光化門が五大宮闕の門の中で最も美しいのですが、国宝や宝物に指定されないのはコンクリートで作られているからです。今では日本が建てた総督府庁舎を取り壊し、当時の宮を復元中です。
    光化門にはハングルで「광화문(光化門)」という扁額が見えますが、これは故朴正熙大統領の直筆です。また光化門の左右には「ヘテ」があります。ヘテは昔から伝わる想像上の動物です。ヘテを光化門の両脇に据えたのは、宮闕の火気を防ぐためだという説があります。風水地理上、南にある冠岳山に火気があるので、都城を守るために火を食べるヘテ像を置いたということです。

    -->出典:韓国観光公社ウェブサイト
  1